このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2009年

【佐川急便】全国の集配車両で車内禁煙プロジェクトを開始!
サービス品質向上を目指した取り組み強化(2009/07/09)

佐川急便株式会社では、7月21日からサービス品質の向上を目的に、宅配業界初の取り組みとして全国すべての集配車を対象に車内禁煙を宣言しステッカーを貼付することといたします。

車両のドアに貼付する禁煙宣言ステッカー
車両のドアに貼付する禁煙宣言ステッカー

2003(平成15)年4月に受動喫煙防止条例が制定され、鉄道業界では車内・駅構内での禁煙・分煙や、タクシー業界でも完全禁煙を実施しているところも多くみられます。しかし宅配便業界では集配車両において明確な意思表示を行い禁煙・分煙を実施しているところはありません。佐川急便では宅配業界では初めて車内禁煙を宣言いたします。

佐川急便では従来より、交通事故防止という観点から「ながら運転」の禁止を行っています。集配車両における運転中の喫煙・飲食などを社内規定で禁止しています。
また通販需要の高まりから宅配便でお取り扱いさせていただく商品も、生産者さまから直接ご出荷いただく生鮮品などが非常に多くなり配達品質のさらなる向上が求められています。狭い車内で喫煙を行うことでドライバーの衣服に匂いが染みつき、お客さまに不快感をあたえたり、お預かりしたお荷物に煙草の匂いが付いてしまうことも懸念されることから、この度集配車両の車内全面禁煙を実施することとなりました。

佐川急便ではこれからもさらなる配達品質向上につとめ、様々な顧客ニーズに対応していきます。

このページの先頭へ

ニュースリリース