このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2012年

【SGホールディングス】環境教育「自然体験学習(稲刈り体験)」を実施(2012/09/11)

SGホールディングス株式会社は、9月8日(土)滋賀県守山市の水田(浦谷農園)にて、環境教育「自然体験学習(稲刈り体験)」を実施いたしました。

この自然体験学習は、「自然の恵み」や「食物の大切さ」を学ぶことを目的に、SGホールディングスグループ従業員・家族、及び守山市民の方を対象に2007年度から実施しております。
当日は残暑厳しい中、総勢約150名もの参加者が丹精込めて育てた稲を丁寧に刈り取り、「はさがけ」(※1)と呼ばれる伝統的な手法で自然乾燥をさせました。収穫したお米は精米後、10月中旬には「飛脚米」として、田植えや稲刈りの参加者に配布いたします。
この取り組みも今年で6回目を迎え、「子どもたちがご飯粒を残さず食べるようになった」といった、これまでの成果を示す参加者の声も聞かれるようになりました。
また、絶滅危惧種に指定されている琵琶湖固有種の「ニゴロブナ」の稚魚(10万匹)を当水田で育成し、琵琶湖へ放流するなど、生物多様性の保全について考える取り組みも行いました。

SGホールディングスグループでは、地域との密接な関わり、社会や自然との共生を図りつつ、今後もさまざまな環境啓発活動に取り組んでまいります。

(※1)稲などの穀物を束ねて、はさという竿に掛けて天日干しをする作業。

自然体験学習「稲作体験(稲刈り)」実施概要

実施日時 2012(平成24)年9月8日(土)10:00〜12:00
実施場所 浦谷農園(滋賀県守山市、対象区画:3反・約900坪)
実施内容 「稲刈り」を実施した後、「はさがけ」をして天日干しを実施
品種 きぬひかり
参加者 SGホールディングスグループ従業員及びその家族 85名
守山市住民の方々 65名
協力 守山市、浦谷農園
稲刈りの様子

このページの先頭へ

ニュースリリース