このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2012年

【佐川急便】「第34回佐川急便幹線輸送安全パトロール」を実施(2012/09/24)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、9月14日(金)から翌15日(土)にかけて、幹線輸送トラック(幹線協力会社含む)を対象に、「第34回佐川急便幹線輸送安全パトロール」を実施いたしました。当日は、全国各地の高速道路サービスエリア・パーキングエリアなどに設置した計37ヶ所(九州・四国の一部で天候不良により中止)のチェックポイントにて、2,410台の車両に対し整備状況などの点検を行いました。

「佐川急便幹線輸送安全パトロール」は、安全意識の高揚を図り、交通事故・車両故障を未然防止し、顧客に対し安定したサービス品質の提供を行うことを目的とし、1994年より毎年継続して開催しております。
当日は、全国各地のサービスエリア・パーキングエリアなどに設置した計37ヶ所のチェックポイントにて、668人のスタッフが車両整備状況の点検と全ドライバーに対して体調面の確認等の中間点呼を実施することで安全への意識を喚起しました。また、安全統括管理者である、取締役の竹村章をはじめ、全国の支社長・支店長が各地のパトロールに参加し、安全運行の確保・安全意識の高揚を図るためにドライバー、スタッフを激励しました。

佐川急便では、輸送の安全確保を最優先課題として継続的に取り組みながら、安定した輸送サービスの提供ならびに輸送品質の向上に努めてまいります。

実施概要

実施日時 2012年9月14日(金)午後7時〜翌15日(土)午前7時 ※開催地により多少異なる
実施場所 全国高速道路主要サービスエリア・パーキングエリアなど計37ヶ所
※九州・四国の一部で天候不良により中止
実施台数 2,410台(幹線協力会社含む)
点検スタッフ 668人
実施内容 車両整備状況の点検、ドライバーの健康状態、運行状況の確認、開催地の清掃活動など

※本取り組みは、サービスエリア・パーキングエリアを管理する高速道路会社のご協力のもと実施しております。

幹線輸送ドライバーを激励する安全統括管理者の取締役竹村章
安全点検を実施するスタッフ

このページの先頭へ

ニュースリリース