このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2012年

【佐川グローバルロジスティクス】ヘインズブランズ ジャパン社よりベトナムで3PL業務を受託(2012/12/03)

SGホールディングスグループで国際物流事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社は、アメリカンカジュアル・アンダーウェアブランド「へインズ」の製造発売元であるヘインズブランズ ジャパン株式会社より、ベトナム工場で生産されたヘインズ製品に関する3PL(企業の流通全般を一括して請け負うアウトソーシングサービス)業務を受託いたしました。

ベトナムにおける佐川グローバルロジスティクスの事業展開は、現地子会社である佐川急便ベトナム有限会社が、ホーチミン、ハノイ、ダナンに拠点を設け、主に航空・海上貨物輸出入事業・国内トラック事業・倉庫事業を行っております。2011年9月からは衣料品・雑貨等の検針・検品事業を開始、さらに本年3月には同国内で3ヶ所目となる保税倉庫を首都ハノイ市近郊のバクニン省トゥーソンに開設し、多様なロジスティクスサービスを提供しています。

佐川グローバルロジスティクスでは、2000年からヘインズブランズ ジャパン社より日本国内での3PL業務を受託しております。近年ヘインズブランズ ジャパン社では多国籍企業ならではのグローバルなサプライチェーンを活用して、多種多様な顧客のニーズ(品質・商品加工等)に柔軟な対応をしつつ、コストダウンの課題に取り組んでいたところ、佐川グローバルロジスティクスとして、ベトナムにおいても日本国内同様に流通加工など高品質なロジスティクスサービスが提供できること、ならびにコスト面でも競争力を保つことが可能であること、ベトナムでの自社保税倉庫を活用できることを総合的に提案した結果、ベトナム国内における3PL業務も日本国内同様に受託いたしました。

ヘインズブランズ ジャパン社では今後日本向けだけでなく、将来的には香港・台湾・韓国など他のアジア地域への加工出荷輸送も計画しており、佐川グローバルロジスティクスといたしましてもアジア各地の現地法人との連携によりSGホールディングスグループの総合力を生かし、ヘインズブランズ ジャパン社の事業展開にロジスティクス面をはじめとして全面的にサポートしてまいります。

受託フロー図

受託した主な業務

  • ハノイ近郊の佐川急便ベトナム・トゥーソン保税倉庫にて、製品の検品・検針から流通加工(値付け・たたみ・パッキング)、保管、ピッキング、出荷にいたる業務
  • ベトナムから日本への輸出通関、国際フォワーディングおよび海上輸送

このページの先頭へ

ニュースリリース