このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2012年

【佐川急便】都内最大規模の最新鋭大型物流施設を開設(2012/12/13)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、東京都江東区に自社物流施設としては都内最大の最新鋭大型物流施設、佐川東京ロジスティクスセンターを開設いたしました。

佐川東京ロジスティクスセンター外観

この度、開設いたしました施設は総合物流センターとして、佐川急便千代田店、全国への輸送ネットワークを実現するハブセンター、そして流通工程を一括サポートできるロジスティクスサービスの提供可能なマルチテナント型物流倉庫で構成し、佐川急便株式会社東京本社、SGホールディングス株式会社東京事務所など東京のヘッドオフィスも併設しています。
都心や主要な港(青海、大井、横浜)、空港(羽田、成田)へのアクセスが良好な立地であり、国際化のゲートシティ対応も可能です。

施設概要

所在地 東京都江東区新砂2-2-11
敷地面積 28,921.02m2
延床面積 75,266.77m2
物流スペース 4F、5F 10,678.12m2/階
構造 S造・SRC造
建物概要 地上6階・PH1階

施設の特徴

物流棟

自動仕分け機の導入

  • 2種類の自動仕分け機を導入し、お荷物の形状に応じて仕分けラインを分けることで配送業務の効率化と、輸送品質の向上を実現しました。
  • 構内作業中の熱中症などを防ぐ目的で、半屋外エリアにも空調設備(冷房)を完備しています。

流通加工機能

  • 保管倉庫機能だけではなく、大型のクロスドックセンター機能を併せ持つことで、流通加工機能をメインに異業種複合多目的センターとしてご利用できます。
  • 商品の入荷から値付け・ピッキング・検品・梱包そして出荷までの流通工程を一括してサポートするロジスティクスサービスをご提供いたします。
  • 取扱商品は精密機器、電子部品、医療機器、販促物、書籍印刷物、アパレル、雑貨、通販等のあらゆる商品に対応し、かつ企業の危機管理をサポートするリコール・トータルサービス機能の併設も予定しております。

環境配慮型物流センター

  • 大規模な壁面緑化、屋上緑化により建物への熱負荷低減とヒートアイランド現象の抑制に貢献します。

事務棟

シンクライアントシステム導入

  • 施設内のPC環境をシンクライアント化いたします。これはサーバー上ですべての処理を実行するシステムで、ユーザー側の端末には一切データが残らないセキュリティの高いシステムです。
  • ユーザー側をノートPCにすることで、外出時なども館内と同じ環境で業務を行うことが可能となり、業務効率の向上が図れます。

省電力化

  • 事務棟は軒の深い庇、縦ルーバーを採用することで、同じ窓面積の建物に比べ外部からの熱負荷低減を50%以上低減しています。
  • 外壁に設置した開閉式窓と建物中央部に配置した光庭により、積極的な自然換気、自然採光を取り入れ、機械設備に頼らず自然エネルギーを最大限生かします。
  • LED照明+昼光センサー、節水型トイレ、Low-Eガラス、サブ変電設備の高効率トランスに加え、太陽光パネル設置(計画中)に向けたスペースの確保など省エネルギー技術を積極的に採用しています。

BCP対応

  • 高潮、集中豪雨等の災害対策として重要機能室(防災センター等)を2階に配置しています。

このページの先頭へ

ニュースリリース