このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2013年

【佐川がん研究振興財団】第11回市民公開講座を開催 「がんと人生」をテーマに講演(2013/03/29)

SGホールディングスグループの外郭団体の一つ公益財団法人佐川がん研究振興財団は、3月24日(日)有楽町朝日ホールで「がんと人生」をテーマとした市民公開講座を開催いたしました。
今年で11回目となる市民公開講座は、初の東京開催となりました。今回は、国立がんセンター 名誉総長の垣添忠生氏を迎え、がん総論と、自らのがん体験から家族のつながり、人と人との助け合い、心と心のふれあいなど体験を交えて講演を行いました。また、国立がんセンターがん予防・検診研究センター長 森山紀之氏が、がんの予防と検診について講演を行いました。

市民公開講座 実施概要

日時 2013年3月24日(日)13:00〜15:30
場所 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)
内容
  • ◎基調講演「がんとは」
     国立がんセンター名誉総長 垣添 忠生氏
  • ◎基調講演「人が生き、死ぬこと」
     国立がんセンター名誉総長 垣添 忠生氏
  • ◎基調講演「がんの予防と検診」
     国立がんセンターがん予防・検診研究センター長 森山 紀之氏

佐川がん研究振興財団は、現SGホールディングスグループが基金を提供し、1989年厚生省(現厚生労働省)の認可を受けて設立した外郭財団です。がんの基礎研究と応用治療に対する研究開発等の活動を助成し、医療福祉の向上に寄与することを目的に、積極的に活動を行っています。主な事業内容として、がんに関する基礎研究並びに応用治療研究に対する研究助成事業や褒賞事業、研究報告集の刊行などを行うとともに、2003年以来、「がん市民公開講座」を毎年開催しております。

基調講演の模様
国立がんセンター 名誉総長
垣添 忠生氏
基調講演の模様
国立がんセンター がん予防・検診研究センター長
森山 紀之氏

SGホールディングスグループには、公益財団法人佐川がん研究振興財団をはじめ、公益財団法人佐川留学生奨学財団、財団法人佐川国際経済協力会、公益財団法人佐川美術館の4財団があり、グループ各社の事業活動から受けた恩恵を広く社会に還元しております。

このページの先頭へ

ニュースリリース