このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2014年

【佐川急便】入荷業務の効率化を実現するサービス「スマート納品」を開始(2014/10/21)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、お客さまの入荷業務の効率化による作業負荷を軽減するサービス「スマート納品」を10月21日から開始します。

「スマート納品」は佐川急便がもっとも得意とするBtoBのサプライチェーンの中で、お客さまの調達(仕入れ)から入荷(入庫・検品)までのプロセスの業務改善を推進するサービスです。深夜・早朝を含む時間帯別納品の提供、及び商品カテゴリー別・ロケーション別に事前の仕分けなどを佐川急便の中継センター・営業所などの大型施設で行い納品します。これによりお客さまの庫内作業における業務工数の削減により作業負荷軽減を可能としました。

このサービスは、大型物流施設や大規模ショッピングモール・展示会場・商業施設などを対象に佐川急便の大型施設を活用し、無償で提供します。具体的には佐川急便の施設をTC(transfer center:通過型倉庫)として運用し、お客さまのご要望に合わせて事前仕分けや納品時間をカスタマイズして配達業務を行います。佐川急便では書類から260サイズまでの大きな荷物を取り扱っており、これまで荷物の形態に合わせて複数の配送業者を使用していたお客さまは、配送を佐川急便に指定いただくことで納品時の業務工数を削減することができます。

本サービスを開始するに当たり、本年6月から三菱地所・サイモン株式会社が経営する国内9店舗のプレミアム・アウトレットの施設内にてトライアル運用を行いました。100〜200店舗に及ぶテナントさまをゾーン分けし、それぞれのゾーンに専用コードを付与することで、現地納品前に予めゾーン別に仕分けを行い、スムーズな納品を実現しました。これにより配送時間の大幅短縮が可能となり、店舗オープン前の9時30分にはすべてのテナントさまへの配達が完了するまでに改善され、お客さまから高い評価をいただいています。

佐川急便では、今後もお客さまのニーズに合った商品・サービスの開発を行い、利用者の利便性向上に取り組んでいきます。

このページの先頭へ

ニュースリリース