このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【佐川急便】エコ素材の送り状ラベルで年間約67tのCO2を削減(2015/01/22)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、1月21日から出荷支援システムの送り状発行サポート※1で使用する送り状ラベルを、エコ素材に変更しました。これにより、ラベルの焼却処分時に排出されるCO2を、年間約67t削減することが可能となります。

佐川急便の送り状発行サポートにより、印字されるラベルは年間約9,700万枚※2です。このラベルの素材をサトーホールディングス株式会社が開発した、CO2削減技術「エコナノ®」を使用する感熱紙に変更します。これにより通常の感熱紙と比較して、焼却時のCO2の発生を80%以下に抑えることができ、年間約67tのCO2削減を実現します。この削減効果は、杉の木4,832本分の吸収量に相当します。佐川急便の送り状発行サポートをご利用いただいているお客さまの、環境負荷低減に貢献することができます。

佐川急便では、今後も環境にやさしい商品の積極導入や、商品・サービスの開発を通じて、環境負荷低減に努めてまいります。

  • ※1 送り状発行サポート
    荷物の発送業務において煩わしい送り状の作成を、簡単にするシステム
  • ※2 対象の送り状発行サポートのラベル
    主に複数個口の多いお客さまに最適な1枚構造のステッカータイプのサーマル荷札

このページの先頭へ

ニュースリリース