このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【SGホールディングス】環境大臣賞受賞作品をデザインしたラッピングトラックの走行を開始(2015/02/12)

SGホールディングス株式会社は、SGホールディングスグループが主催した小学生対象の環境絵画コンクール『SGホールディングス/佐川急便 第1回エコ絵画コンクール2014』(後援:環境省)で、環境大臣賞を受賞した2作品をデザインしたラッピングトラックの走行を、2月9日から開始いたしました。

本コンクールでは、「大切にしたい、ぼくたち、わたしたちの地球」をテーマに、小学1年生〜3年生を対象にした「低学年の部」と4年生〜6年生を対象にした「高学年の部」に分けて作品を募集。応募総数2,599点の中から、各部門の最優秀作品にあたる“環境大臣賞”2作品を選定いたしました。

環境大臣賞受賞作品の「リサイクルの木」〔高学年の部、埼玉県 鶴田 雅也さん(4年生)〕と「ねがいをはこぶ ちきゅう」〔低学年の部、東京都 鈴木 逸太さん(2年生)〕が、佐川急便の配送トラックの両側面にデザインされます。順次ラッピングトラックを増車し、全国各地で計50台を走行する予定です。
<走行地域(台数)>
北海道(2台)、青森県(1台)、岩手県(1台)、宮城県(2台)、千葉県(3台)、埼玉県(3台)、神奈川県(3台)、東京都(13台)、静岡県(2台)、新潟県(2台)、愛知県(2台)、石川県(2台)、京都府(2台)、大阪府(2台)、兵庫県(2台)、広島県(2台)、香川県(1台)、愛媛県(1台)、福岡県(2台)、熊本県(2台)の主要都市

今後も、本コンクールによる環境啓発を目的としたコミュニケーション活動のほか、環境にやさしい低公害車の導入、台車や自転車で集荷・配達するサービスセンターの展開など、環境負荷の低減に配慮した事業活動に取り組みます。

なお、本コンクールは今年第2回の開催を予定しておりますので、実施要項などの詳細に関しましては、後日改めてご案内いたします。

受賞作品がデザインされたラッピングトラック
(左:鶴田 雅也さんの作品「リサイクルの木」〔車体左側〕、
右:鈴木 逸太さんの作品「ねがいをはこぶ ちきゅう」〔車体右側〕)

SGホールディングスグループの環境活動と本コンクールの目的について

SGホールディングスグループでは、環境負荷の低減に配慮した事業活動に努めるとともに、より良い地球環境を社会全体で維持し、未来につなげていくという認識から、森林保全活動や自然体験学習を通じて、子どもたちへの環境教育と環境啓発を目的としたコミュニケーションに取り組んでいます。
『SGホールディングス/佐川急便 第1回エコ絵画コンクール2014』は「ESD※に関するユネスコ世界会議」(2014年11月10日〜12日)の名古屋での開催を受け、環境省の後援を得て実施いたしました。「大切にしたい、ぼくたち、わたしたちの地球」をテーマに、次世代を担う子どもたちが絵画の創作を通じて環境保全について考えるとともに、楽しみながら環境意識の向上につなげる機会とすることを目的としています。

  • ※ESD
    「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development)の略称。一人ひとりが世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、持続可能な社会の実現に向けて行動を変革するための教育。日本政府は2014年の開催国としてESDの取組の充実・強化を促進している。

『SGホールディングス/佐川急便 第1回エコ絵画コンクール2014』実施要項

募集テーマ

「大切にしたい、ぼくたち、わたしたちの地球」

応募資格

全国の小学生 小学校低学年の部(1〜3年生)、小学校高学年の部(4〜6年生)

応募期間

2014年7月1日(火)〜9月8日(月)

応募方法

応募用紙(特設Webサイトよりダウンロード)に必要事項を記載のうえ、作品裏面に貼付、応募

選考方法

一次審査、最終審査(ともに2014年10月)の2回にて各賞を選考。最終審査は有識者含む5名で実施

各賞

賞・商品 「小学校低学年の部」「小学校高学年の部」で、各部門別に賞を選考
・環境大臣賞
 (各1名)
賞状、作品ラッピングトラック模型、佐川急便トラックラッピング権、
副賞(選べるツアー&ホテル宿泊券<各部門3名様ご招待>)
・優秀作品賞
 (各2名)
賞状、作品ラッピングトラック模型、
副賞(オリジナル図書カード10,000円分)
・佳作
 (各22名)
賞状、副賞(オリジナル図書カード5,000円分)
・さかなクン特別賞
 (各1名)
賞状、副賞(オリジナル図書カード5,000円分)他

このページの先頭へ

ニュースリリース