このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【SGホールディングス】「SGホールディングスグループ自然体験学習」を実施(2015/05/11)

SGホールディングス株式会社は、「SGホールディングスグループ自然体験学習(田植え体験/エコファミリースクール)」を、5月2日(土)に滋賀県守山市の水田および速野公民館にて実施しました。

この取り組みは「自然との共生」を重視した昔ながらの米づくり体験を通じて、子供たちに自然の恵みや食物の大切さを学んでもらうために、2007年度より継続している環境啓発活動です。今回で9回目となる「田植え体験」に加え、今年は新たな取り組みとして、農家の仕事と米作りや、水田のさまざまな役割などを学ぶ環境出前教室「エコファミリースクール」を実施しました。

当日は、守山市地域住民の方々をはじめ、SGホールディングスグループ従業員とその家族など、計169名が参加。田植えを体験するとともに、水田周辺に生息する生物を観察したり、人と生物が安心して暮らせる環境や食について話し合うなど、自然の尊さ、大切さを親子一緒に学習しました。

実施概要

実施日時 2015年5月2日(土)
10:00〜12:00 田植え体験
12:45〜14:10 エコファミリースクール
実施場所 浦谷農園(滋賀県守山市、対象区画:3反・約900坪)
速野公民館(滋賀県守山市)
実施内容 田植え体験(品種:キヌヒカリ)
環境出前教室「エコファミリースクール」
参加者 計169名 (内エコファミリースクール参加者:50名)
守山市地域住民の方など69名 (※守山市による一般募集)
SGホールディングスグループ従業員およびその家族 100名
協力 滋賀県、守山市、木浜自治会、浦谷農園、田中ファーム

SGホールディングスグループでは、今後もさまざまな環境啓発活動を実施し、地域の方々との活動を通じて従業員の環境保全への意識高揚に取り組んでまいります。

このページの先頭へ

ニュースリリース