このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【佐川急便】「高尾100年の森」で八王子市「親子里山保全体験講座」を開催(2015/08/03)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、7月26日(日)に、東京都八王子市の「高尾100年の森」にて、八王子市「親子里山保全体験講座」を開催しました。

親子でクラフト創り
親子でクラフト創り
集合写真
集合写真

本講座は、八王子市内にある佐川急便の「高尾100年の森」プロジェクトの理念や取り組みに対して、八王子市から共感をいただくとともに、自然体験フィールドとしても適していることから実現しました。当日は、参加者の皆さまに親子で楽しみながら、高尾の里山や自然に触れ合い、森林散策や沢遊び、クラフト創りなどを通じて、森林保全の大切さについて学んでいただきました。
佐川急便では、環境負荷低減と同様に「自然との共生」を重要な取り組みと位置付け、生物多様性を守るための活動を積極的に行っており、その一つが社有林における「高尾100年の森」プロジェクトです。このプロジェクトでは、NPOやボランティア、地域の方々、従業員が参加し、地域住民との連携による、持続可能な地域づくり、里山づくりを積極的に企画、検討するとともに、この森林を活用し、自然を体感できるさまざまな体験型イベントなども行っています。

今後もこの社有林を保全することで「人と自然が共生できる里山づくり」を目指しながら、森林体験を通した子どもたちの環境教育の場として活用してまいります。

開催概要

日時 7月26日(日)9:00〜14:00
場所 佐川急便・高尾100年の森(東京都八王子市元八王子町)
趣旨 親子で楽しみながら、高尾の里山や自然に触れ合い、森林散策や沢遊び、クラフト創りなどを通じて、森林保全の大切さについて学ぶ。
参加者 八王子市にお住まいの小学生とその保護者26名
主催 八王子市 環境部環境保全課

このページの先頭へ

ニュースリリース