このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【佐川急便】佐川急便のピンクリボン運動(2015/09/28)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、乳がん月間である10月1日から1ヶ月間、全従業員約5万人がピンクリボンをデザインした佐川急便オリジナルワッペンを着用し、お客さまや地域の方々へ乳がんの早期発見早期治療における啓発を促す活動を展開します。

乳がんは、女性のがんの中でもっとも多く、現在、日本では12人に1人が乳がんにかかるとされ、罹患率も増加傾向にあります。しかし、乳がんは早期発見と治療により90%以上の人が治癒するといわれています。

佐川急便では、乳がんの早期発見の大切さをより多くの女性にお伝えするため、2005年からさまざまなピンクリボン運動を展開しており、今年で11年目を迎えます。今回のピンクリボンワッペンを着用しての啓発活動のほか、女性従業員および男性従業員の配偶者を対象に、8月より、マンモグラフィを搭載した検診車による「さがわ乳がん検診」も展開しています。全国の医療機関の協力を得て、44ヶ所の佐川急便営業所を検診車が巡回し、従業員が職場で勤務時間中に受診できる環境を構築。さらに、佐川急便従業員以外の方も一部地域での受診を可能としました。

佐川急便は、今後も乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝えるピンクリボン運動を続けていきます。

  • ※佐川急便ピンクリボン運動の詳細および「さがわ乳がん検診」の受診を希望される方は、下記URLをご覧ください。

これまでのピンクリボン活動における取組み

  • 京都で創業した企業として、2005年から「ピンクリボン京都」の活動に参加。京都市内の営業車両に啓発ステッカーを貼付し、乳がんの早期発見を啓発するための活動を応援。
  • 2010年より、公益財団法人日本対がん協会の監修を得て、佐川急便オリジナル「乳がん自己触診」啓発ポスターを制作し、佐川急便全営業所の女性用個室トイレに2000部掲示。その他、CSR活動の一環として、内閣府・経済産業省をはじめとする要望のあった企業や団体へ2000部無償配布し、乳がんの自己触診における意識向上を促した。
  • 2011年5月、関東近郊の女性従業員100名を対象に、外部講師を招いての「乳がん講演会」を実施。
  • 2011年、乳がん月間である10月に関東エリアの女性ドライバー約1000名が、佐川急便オリジナル「乳がん自己触診」啓発ポスターをお客さまに贈呈するピンクリボン活動を実施。期間中、女性ドライバーはピンクのリストバンドを身につけて集配し、乳がんの早期発見・早期治療における啓発を促した。
  • 乳がんの早期発見の大切さを伝え、健康で働き続けられる環境整備を目的に、2011年から「さがわ乳がん検診」を実施。2014年度は全国の医療機関の協力を得て、25営業所で約600名の女性従業員が受診。

このページの先頭へ

ニュースリリース