このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【佐川急便】「Osaka Station City Tourist Service Center」に宅配カウンターを設置(2015/10/01)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、大阪ステーションシティ(JR大阪駅)に開設された訪日外国人向けサービスセンター「Osaka Station City Tourist Service Center」に宅配カウンターを設置し、10月1日より業務を開始しました。

店舗外観

JR大阪駅の1日の乗降客は約85万人で、そのうち訪日外国人の割合は年々増加傾向にあり、外国人対応が可能となる施設展開が急務となっていました。このたび開設された「Osaka Station City Tourist Service Center」は株式会社ジェイアール西日本マルニックスと、株式会社セブン銀行との連携により運営を行います。

佐川急便ではこの店舗にて宅配便の受け付けを実施します。通常の宅配便と合わせて国際宅配便の受け付けと、大阪市内のホテルまでの即日配送を実施します。その他、外国人対応を想定し英語対応が可能なスタッフが常駐します。

2014年度の訪日外国人は1,300万人を超え、過去最高を記録しました。政府は東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに訪日外国人旅行者数「2,000万人達成」の目標を掲げるとともに、外国人旅行者の利便性向上を図る「手ぶら観光」を促進しています。佐川急便は東京の3店舗において観光庁から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受けていますが、このたび開設した「Osaka Station City Tourist Service Center」においても認定を受け、合計4店舗となりました。

佐川急便では今後も訪日観光の利便性向上に向けて、「手ぶら観光」関連サービスの充実を目指します。

「Osaka Station City Tourist Service Center」内宅配カウンター概要

営業時間 8:00〜20:00
提供サービス 大阪市内のホテルおよび関西空港への即日配送、一般宅配便、国際宅配便
  • ※即日配送の受け付け時間には制限がございます。

開業日当日にはセレモニーが開催されました

このページの先頭へ

ニュースリリース