このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2015年

【佐川急便】東松山SRCを稼働し物流効率化をトータルサポート(2015/11/10)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、埼玉県東松山市の「SGリアルティ東松山」(11月10日竣工)内に「東松山SRC」を開設し11月24日(火)から稼働します。佐川急便流通センターとしては埼玉県内では最大級となっております。

  • ※SRC:佐川流通センター
    SRC(佐川流通センター)は、佐川急便の配送機能と顧客の物流機能が同一施設に入居し、物流業務の効率化と輸送リードタイムの短縮、さらに輸送エネルギーの削減を実現。これによりCO2排出量の削減にも貢献できる物流施設です。

施設概要

名称 SGリアルティ東松山
所在地 埼玉県東松山市坂東山1番地
敷地面積 53,091m2(約16,060坪)
延床面積 77,494m2(約23,442坪)
構造 鉄骨造3階建

東松山SRCの特徴

  • 関越自動車道、圏央道が交差する好立地にあることで、東北方面や関西方面への物流中継拠点として輸送品質を向上
  • 東松山センター(中継センター)と物流施設を兼ね合せた施設であることから、中間輸送削減によるリードタイムを短縮することが可能となり、入居企業の物流効率化をサポート
  • 搬送機器自動化の推進により大幅な省人化を実現
  • 「スマート納品24」による顧客のニーズに応じてカスタマイズされた納品サービスの提供

施設(SGリアルティ東松山)の特徴

  • 1階は佐川急便の中継センターとして運用。2〜3階はランプウェイにより各階に40フィートコンテナ車やスワップボディ車が着車可能なマルチテナント型物流施設として、9,258坪の貸床をテナントへ提供
  • 賃貸倉庫内は梁下有効高さ約5m、床荷重1.5t/m2を設定
  • 関越自動車道 東松山ICから約2.4Kmの立地にあり、良好な交通アクセス

このページの先頭へ

ニュースリリース