このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【SGホールディングス・グローバル】SG佐川ベトナム ドンナイ省において、大型物流施設を起工(2016/01/21)

SGホールディングスグループの海外事業統括会社であるSGホールディングス・グローバルPTE. LTD.のベトナム現地法人であるSG佐川ベトナムが、ロジスティクス施設を必要とされるお客さまのご要望に応えるべく、2016年1月ドンナイ省にて大型物流施設の起工をいたしました。

新物流施設イメージ図
新物流施設イメージ図

経済成長著しいベトナムは、東南アジアの生産拠点として、また、消費市場としても日系企業のみならず、外資企業においても注目を浴びております。また、アセアン経済共同体(AEC)や環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加により物量の増加が予測されるなか、SG佐川ベトナムは、高度化するお客さまの物流ニーズに対応するため、ドンナイ省・ニョンチャックV工業団地において、マルチテナント型大型物流施設「SG佐川ベトナム・ディストリビューション・センター(以下「SGVDC」)」を起工いたしました。竣工は2016年10月上旬、営業開始は11月1日を予定しております。

ニョンチャックV工業団地は、南北高速道路へのアクセスが便利であり、主要港であるカットライ港やカイメップ港、また建設予定の新国際ハブ空港「ロンタン新国際空港」(2025年開港予定)に近傍しているというメリットがございます。

SGVDCでは、温度帯施設を設置(冷蔵−5℃〜+5℃・冷凍−18℃〜−25℃以下・常温10℃〜15℃)することにより、生鮮品や医療品のロジスティクス事業を可能とし、さらには保税倉庫区(申請中)を併設することにより、幅広いお客さまのニーズに対応することが可能となります。また、SG佐川ベトナムの持つB to B、B to C配送ネットワークや通関機能を活用することにより、国内外のサプライチェーンへのサービス提供も可能となります。

今後もSG佐川ベトナムでは、お客さまへ総合物流サービスの提供を行ってまいります。

SG佐川ベトナム・ディストリビューション・センター(SGVDC)の特徴

敷地面積 44,000m2
延床面積 29,000m2
・一般倉庫 8,100m2
・保税倉庫(申請中) 7,000m2
・冷蔵・冷凍 2,300m2
・物流加工 6,300m2
・その他 5,300m2
工事請負事業主 DAIWA HOUSE VIETNAM CO., LTD.

会社概要

商号 SG SAGAWA VIETNAM CO., LTD.(日本表記名:SG佐川ベトナム)
本社 169 Dien Bien Phu Street, Ward 15, Binh Thanh District, Ho Chi Minh City, Vietnam
設立 2015年3月6日
株主 SG HOLDINGS GLOBAL PTE. LTD. 100%
代表者 代表取締役 島崎 順二
資本金 1,280万米国ドル

このページの先頭へ

ニュースリリース