このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【SGホールディングス】環境大臣賞 受賞作品がデザインされた、ラッピングトラックの出発式を開催!(2016/02/29)

SGホールディングス株式会社は、小学生対象の環境絵画コンクール「SGホールディングス/佐川急便 全国エコ絵画コンクール2015」で環境大臣賞を受賞した2作品がデザインされたラッピングトラックの出発式を、2月27日(土)、SGホールディングス東京事務所にて開催いたしました。

ラッピングトラック出発式の様子

本コンクールは、次世代を担う子どもたちに絵画の創作を通じて環境保全について考えるとともに、楽しみながら環境意識の向上につなげる機会とすることを目的としています。2回目となる今回は「未来へのこそう、ぼくたち、わたしたちの自然」をテーマに、環境絵画を募集いたしました。

そして、応募総数10,311点の中から最優秀作品にあたる「環境大臣賞」を受賞された、静岡県の望月 凜星さん(4年生、男子)による「ホタル」と、神奈川県の合場 あおばさん(2年生、女子)による「ちきゅう」の2作品が、佐川急便トラックのラッピングデザインに採用され、このたび出発式を開催いたしました。

出発式では、アンベールとともにラッピングトラックがお披露目となり、受賞者の2名は「僕の絵がこんなに大きくトラックにデザインされて、とても嬉しい!」(望月さん)、「ラッピングがすごくきれい!」(合場さん)と嬉しそうにコメント。また、本コンクールで特別審査員を務めた、さかなクンもゲストとして登場し、「本当に素敵です!いつまでも見ていたいでギョざいますね!」と、さかなクンならではの表現で感激されていました。
このラッピングトラックは今春より、全国主要都市を中心に計100台走行する予定です。

SGホールディングスグループでは、環境にやさしい低公害車の導入をはじめ、台車や自転車で集荷・配達するサービスセンターを展開するなど、環境負荷の低減に配慮したさまざまな事業活動を行っています。また、より良い地球環境を社会全体で維持し、未来につなげていきたいとの願いから、森林保全活動や稲作体験などの自然体験学習も行っています。これからも、私たちは子どもたちへの環境教育と環境啓発を目的としたコミュニケーションに取り組んでいきます。

「SGホールディングス/佐川急便 全国エコ絵画コンクール2015 ラッピングトラック出発式」実施概要

日時

2016年2月27日(土)10:30〜11:00

会場

SGホールディングス 東京事務所

登壇

静岡県 望月 凜星さん(「環境大臣賞 高学年の部」受賞/4年生、男子)
神奈川県 合場 あおばさん(「環境大臣賞 低学年の部」受賞/2年生、女子)
さかなクン(特別審査員)
SGホールディングス 取締役 漆崎 博之
佐川急便 取締役 内田 浩幸

内容

(1)主催者代表挨拶(SGホールディングス 取締役 漆崎 博之)
(2)トークセッション(さかなクン、望月 凜星さん、合場 あおばさん)
(3)アンベールによる、ラッピングトラックのお披露目
(4)フォトセッション
(5)ラッピングトラック出発セレモニー

登壇者のコメント

静岡県 望月 凜星さん(「環境大臣賞 高学年の部」受賞/4年生、男子)

「環境大臣賞を受賞できて、自分でもびっくりしています。『ホタル』は、僕の家の近所で、ホタルがすごくキレイに見える場所をイメージして描きました。そして僕の絵がこんなに大きくトラックにデザインされて嬉しいです。このトラックをみんなに見てほしいです。」

神奈川県 合場 あおばさん(「環境大臣賞 低学年の部」受賞/2年生、女子)

「環境大臣賞に選ばれたとお母さんから聞いたときは驚きました。お母さんもお姉ちゃんも喜んでくれて、おばあちゃんは涙ぐんでいました。『ちきゅう』は“地球が笑っていてくれるように”という想いを込めて描きました。今日、ラッピングトラックを見て、自分の絵が大きくなっていて、とてもびっくりしました。」

さかなクン(特別審査員)

「今回の『全国エコ絵画コンクール2015』では、ギョギョ!っと夢がいっぱいの作品がたくさんあって、感動しました。その中でとっても迷って賞を決めたのですが、望月さんと合場さんの絵は特に輝いていました!このラッピングトラックは、本当に素敵です!いつまでも見ていたいでギョざいますねー!」

SGホールディングス 取締役 漆崎 博之

「2回目となる今回、全国10,311点の作品の中から、望月さん、合場さんが見事、環境大臣賞を受賞されました。お二人がお住まいの街中もこのラッピングトラックが走行しますので、お楽しみにしていただければと思います。今後もSGホールディングスグループでは、さまざまな取り組みを通じて次世代を担う子どもたちの環境教育と環境啓発に取り組んでまいります。」

出発式の様子

このページの先頭へ

ニュースリリース