このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【佐川急便】東京都八王子市が『高尾100年の森』を「体験の機会の場」に認定(2016/03/24)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、佐川急便の社有林『高尾100年の森』が、東京都八王子市より「体験の機会の場」として認定されましたことをお知らせいたします。

「体験の機会の場」認定制度は、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」(2012年10月施行)に基づき、自然体験活動を通じて環境保全への理解を深め、環境教育のさらなる充実を図ることを目的とした制度です。民間企業・団体が自然体験活動等の体験の機会の場として土地や建物を提供し、一定の要件を満たす場合に、都道府県知事等(政令指定都市、中核市の場合はその長)の認定を受けることができ、八王子市では、2015年11月1日より認定申請の受け付けを開始していました。

このたび、佐川急便が八王子市に所有する社有林『高尾100年の森』における環境保全活動や自然体験教室などの取り組みが評価され、八王子市より「体験の機会の場」として認定を受けました。なお、今回の認定は全国12例目で、東京都としては初の認定事例となります。

佐川急便は、東京都八王子市元八王子町と裏高尾町にまたがる山林約50ヘクタールを保有しており、人と自然が共生し、100年先も続く持続可能な里山の再生・保全に取り組む「佐川急便『高尾100年の森』プロジェクト」を2007年から継続的に実施しています。

同プロジェクトにおいては、ボランティア、地域住民との協働で里山再生に努めるとともに、次世代を担う子供たちを対象に里山を通じて「自然と人との繋がり」を学ぶ自然体験教室を継続的に開催しています。

授賞式
授賞式

今後も佐川急便では、環境にやさしい環境対応車の導入、省エネルギーなど、事業活動における環境負荷の低減に取り組むとともに、「社会・自然との共生」を目指し、森林保全や生物多様性の保全、次世代を担う子どもたちを対象とした環境コミュニケーションに取り組んでまいります。

このページの先頭へ

ニュースリリース