このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【佐川急便】大阪府と佐川急便が「包括連携協定」を締結(2016/08/12)

大阪府と佐川急便株式会社は、大阪府民サービスの向上および府域の成長・発展を図ることを目的とした「包括連携協定」を締結し、8月10日(水)に大阪府庁において締結式を行いましたので、お知らせいたします。

1.背景

大阪は、古代から海上交通の要衝として、また、日本経済の中心としての役割を果たしてきました。近代には産業革命の担い手として日本経済を牽引し、多くの重要な産業と著名な企業を生み出してきた地域です。また、近年では大阪府への国内外からの旅行者が増加しており、今後も2020年の東京オリンピック・パラリンピック等を控え、さらなる旅行者の増加が見込まれております。

佐川急便では、観光客の利便性向上に向けた「手ぶら観光」を促進しています。2015年10月には、訪日外国人向けサービスセンター「Osaka Station City Tourist Service Center」(JR大阪駅)に宅配カウンターを設置し、通常の宅配業務と合わせて「手ぶら観光」サービスを実施しています。その他、地域活性化を目的とした貨客混載事業の取り組みなど、地域の課題解決を物流面から積極的にサポートしています。2014年には、グループ横断の先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL® (GO Advanced Logistics)」を発足させ、海外からの調達物流はもちろん、生産者から消費者までダイレクトにつなぐ販路拡大の提案など、物流で新たな価値を創造し、最適なソリューションを提供しています。

本協定の締結を契機に、大阪府と佐川急便は、多くの分野において、連携・協働を一層促進し、地域の活性化と府民生活の向上を図ってまいります。

2.包括連携協定による主な取り組み

1.雇用促進に関すること

  • 女性の活躍推進に向けた連携
  • 女性・若者の職域拡大支援
  • 高年齢者の雇用促進に向けた連携
  • 若年無業者の雇用促進に向けた連携

2.地域活性化に関すること

府を訪れる観光客、ビジネス客の満足度向上に資する取組みの推進

3.福祉に関すること

認知症見守りSOSネットワークへの参画

4.防災・防犯に関すること

  • 道路等の異常について関係機関に報告する体制の整備
  • 大阪の地域防災力の充実に向けた協力
  • 「こども110番」運動への参画
  • 災害時における救援物資の受け入れや配送等の協力
  • 特殊詐欺被害拡大防止に向けた取組みの推進

5.人材育成に関すること

  • 児童養護施設の子どもたちに対する職場体験の受け入れ
  • 小学校・幼稚園等における交通安全教室の実施

6.府政のPRに関すること

  • 佐川急便の施設・拠点を活用した府政のPR
  • 佐川急便の社員も一体となった府政のPR

7.環境に関すること

  • 環境に優しい車両の導入促進
  • 環境に優しいエコドライブの実践や集配方法の拡大

8.その他本協定の目的に沿うこと

中央左:松井一郎大阪府知事、右:佐川急便株式会社 取締役 笹森公彰
中央左:松井一郎大阪府知事、右:佐川急便株式会社 取締役 笹森公彰

このページの先頭へ

ニュースリリース