このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【佐川急便】「おみやげ農畜産物検疫受検円滑化」に向けた取組を開始(2016/09/05)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社と一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(以下JSTO)は、農林水産省の「おみやげ農畜産物検疫受検円滑化支援事業」の実施主体となり、直売所、道の駅等に立ち寄る訪日外国人旅行者やクルーズ船で訪日する外国人旅行者に対して、お土産として購入した農畜産物を国外へ持ち出す際に必要な動植物検疫手続の円滑化に向けた取組を開始しています。

お土産用農畜産物の持ち帰りに当たっては、持ち出す相手国や品目によって動植物検疫の条件が異なることや、手続が分かりにくいため、訪日外国人の手間となっているという課題があります。動植物検疫手続上の課題解決を図り、国外への持ち出しに検疫を必要とする外国人が円滑に農畜産物を持ち帰られるようにするため、以下の取組を実施します。

1.道の駅の直売所等で購入した農畜産物の持ち帰りを円滑化させる仕組みの拡大(実施主体:JSTO)

直売所等を対象に、対象国・品目を拡大して取り組みます。

  • (1)訪日外国人や販売事業者に対する動植物輸出検疫条件の周知
    • 1.直売所や道の駅等、全国15カ所の店頭で、品目別国別に異なる輸出植物検疫の条件表を掲示する。
    • 2.直売所等がシンガポール向け畜産物輸出検疫条件を紹介するリーフレットを店頭設置する。
  • (2)検疫手続円滑化の仕組みの構築
    • 1.輸出植物検疫の申請書を店頭に設置し、販売事業者が輸出植物検疫を必要とする訪日外国人旅行者に対して、申請書の記載をサポートする。
    • 2.訪日旅行客が購入した農畜産物のうち、輸出検査が必要なものについて、物流業者や旅行業者が受検を代行した上で、訪日旅行客の帰国日に合わせて空港に届け、検疫済みの農畜産物を空港で受け渡す取組等を実施する。

2.クルーズ船客に対し農畜産物の持ち帰りを円滑化させるモデルの構築(実施主体:佐川急便)

クルーズ船客のお土産農畜産物の持ち帰りの際の検疫手続円滑化に向けたモデルを新しく構築します。

  1. クルーズ船寄港地付近の直売所やショッピングモール等へ、クルーズ船で訪日する外国人旅行者を誘導し、スムーズに検疫手続ができることを案内する。
    (販売する農畜産物は、受検することで相手国へ持ち込める農畜産物かつクルーズ会社の船内持ち込み条件を満たすものから選定する。)
  2. 販売事業者等が、訪日外国人旅行者に対して動植物輸出検疫の申請書記載サポートをおこなう。
  3. クルーズ船客の訪日観光中に物流事業者等が検疫手続を代行し、クルーズ船で出国する際にターミナル付近のブース等で検疫済農畜産物を引き渡す。

これらの取り組みの効果として、訪日外国人旅行者の輸出検疫手続や荷物の持ち運びにかかる手間が軽減されることが期待されます。

実施場所

訪日外国人旅行者の検疫手続円滑化の仕組みの構築(実施主体:JSTO)
都道府県市区町村販売事業者農畜産物
北海道 空知郡 とみたメロンハウス メロン
宮城県 大崎市 道の駅 あ・ら・伊達な 柿、米等
栃木県 小山市 栃木いちごの里 いちご等
千葉県 千葉市 ドラゴンファーム いちご
愛知県 常滑市 イオンモール常滑 りんご等
岐阜県 郡上市 郡上旬彩館やまとの朝市 梨、ぶどう等
三重県 大台町 道の駅 奥伊勢おおだい 米、みかん等
滋賀県 大津市 道の駅 びわ湖大橋米プラザ 柿、白菜等
兵庫県 朝来市 道の駅 但馬のまほろば いちご、枝豆、牛肉等
岡山県 岡山市 吉備サービスエリア ぶどう等
岡山県 赤磐市 熊山英国庭園敷地内 ぶどう、柿等
徳島県 三好郡 JA阿波みよしふれあい産直市 お茶、みかん、柿、ゆず等
福岡県 うきは市 やまんどん ブルーベリー、梨、柿等
長崎県 南島原市 道の駅 みずなし本陣ふかえ いちご、人参等
鹿児島県 曽於市 道の駅 すえよし いちご、牛肉等

2016年8月〜2017年1月にかけて実施(販売時期は事業者によって異なります)

  • ※主な対象国
    【農産物】:タイ・台湾(台湾向け梨等、特別な輸出検疫条件のある農産物は除く)
    【畜産物】:シンガポール
クルーズ船客のお土産農畜産物の持ち帰り手続円滑化に向けたモデル販売(実施主体:佐川急便)
都道府県対象港対象国農畜産物
福岡県 博多港等 中国 お茶
沖縄県 那覇港 台湾 野菜
神奈川県 横浜港 シンガポール 野菜加工品、果物缶詰、牛・豚肉加工食品

2016年9月〜11月にかけて実施

このページの先頭へ

ニュースリリース