このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【SGホールディングス】2016年度グループ事業継続・大規模災害対応訓練を実施(2016/10/14)

SGホールディングス株式会社は、10月6日(木)佐川東京ロジスティクスセンターにて、国内の事業会社と合同で「グループ事業継続・大規模災害対応訓練」を行いました。

SGホールディングスおよび国内の事業会社計16社からは、各社社長と危機管理担当者の合計123名が参加、社外からは関係省庁や自治体、取引先企業、パートナー企業など53名の方々にオブザーバーとしてご参加いただきました。今回は実践度の高いシナリオ非公開型の訓練を行い、グループ間の「連携」をテーマに検証を行いました。また、訓練の模様を別室のスクリーンに同時中継し、オブザーバーの方々にもリアルタイムで訓練をご確認いただきました。

別室に京都本社を想定したグループ統括対策本部を設置
別室に京都本社を想定したグループ統括対策本部を設置
訓練後、全参加者でディスカッションを実施
訓練後、全参加者でディスカッションを実施

SGホールディングスグループでは、2012年に事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)を策定し、その実践的な運用と定着を目的に、2014年から年に1度、国内のグループ各社が合同で訓練を行っております。
3回目となる今回は、グループ各社の社長が京都のSGホールディングス本社に出張中、東京都心南部を震源とする大規模な地震が発生したという設定の中、社長不在の各社の対策本部において、従業員の安否確認、車両・燃料・人員の確保、施設やシステムの状況確認と保全を行い、関係省庁や自治体、顧客からのさまざまな要請に対して、グループ各社が連携して対応する訓練になりました。
訓練後にはオブザーバーの方々も交えたディスカッションの時間を設け、訓練における課題の抽出とその対策について社外の視点からもご意見をいただき、事業継続性の検証を行いました。

SGホールディングスグループは、この「グループ事業継続・大規模災害対応訓練」を重ねていくことで、災害などの非常時でも物流の早期再開と事業継続を実践できるBCPの改善に取り組んでまいります。

このページの先頭へ

ニュースリリース