このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【SGホールディングス】SGホールディングスと日立物流が東南アジアにおけるクロスボーダートラック混載輸送サービスを開始(2016/10/18)

SGホールディングス株式会社と株式会社日立物流は、両社の海外事業会社である「佐川急便ベトナム」と「日立物流バンテック(タイ)」の共同配送により、2016年10月20日より、タイ〜ベトナム間のクロスボーダートラック混載輸送サービスを開始いたします。

これまで、佐川急便ベトナムはベトナム国内全域、日立物流バンテック(タイ)は、タイ国内全域の輸送ネットワークを強みに、それぞれ東南アジアネットワークを強化してまいりましたが、隣国間の輸送においては、越境後の輸送を他社に委託せざるを得ず、車両の安定的な確保が課題となっていました。

今回、タイ・ラオスの国境に両社の貨物積み替え拠点を設け、日立物流バンテック(タイ)がタイ国内輸送を、佐川急便ベトナムがベトナム国内およびベトナム・ラオス間輸送を担う新たな共同配送ルートを確立。タイ・ラオス国境でコンテナごとそれぞれの車両へ積み替え、新たな貨物を載せた車両が各社の拠点まで輸送します。

この連携により、海上輸送では集荷〜指定場所への配送まで8営業日かかるところ、クロスボーダートラック混載輸送により4営業日での配達が可能となります。また、安定した車両確保に加え、積み替え地(越境地点)での荷扱い工程を省くことができ、定期運行の実現と安全・高品質な輸送サービスの提供を可能としました。

今後もお客さまのさまざまなビジネスに合ったサービスを提供するために、バンコク〜ホーチミン等の新たなルート展開の検討および、既存ルートの輸送品質向上に取り組んでまいります。

タイ〜ベトナム間におけるクロスボーダートラック混載輸送サービスの特徴

スキーム

  • タイ(バンコク)ハブ拠点とベトナム(ハノイ)ハブ拠点間を結ぶ約1,500kmの共同配送
    (バンコク〜ムクダハン・サワンナケート〜ハノイ)
  • 輸送周期:週1便
  • リードタイム:4営業日

スキーム図

メリット

  • 40ftコンテナスイッチにより、積み替え工程における破損リスクを低減
  • 航空便よりローコスト、海上便に比べリードタイムを4日間短縮
  • 週1便の定期混載便の運航により小ロット需要にも対応

このページの先頭へ

ニュースリリース