このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【佐川急便】危機対応能力を高めるため、津波防災訓練を実施(2016/11/01)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、津波防災に対する意識を高め、危機対応能力を高めることを目的に、2016年10月31日(月)に、津波防災訓練を実施しました。

シェイクアウト訓練の様子
シェイクアウト訓練の様子
避難訓練の様子
避難訓練の様子

平成23年の東日本大震災後、津波から国民の生命を守ることを目的に「津波対策の推進に関する法律」が制定され、その中で毎年11月5日が「津波防災の日」と定められました。内閣府では、「津波防災の日」に合わせて、津波対策についての理解と関心を深めるため、国、地方公共団体、企業・団体等が実施する津波防災訓練の推進、津波防災に関する情報発信など、普及啓発活動に取り組んでいます。
このような状況下、佐川急便では災害対策基本法に基づく指定公共機関として、さらなる危機対応能力の向上を図るため、沿岸部に立地する佐川急便の営業所(従業員)を対象に、津波防災訓練を行いました。

実施概要

実施日 10月31日(月)
実施場所 自治体が作成した津波ハザードマップに基づき選定した佐川急便営業所79カ所
訓練内容
  1. 大津波警報発表後の自治体からの避難指示発令を想定し、(1)シェイクアウト訓練(2)避難訓練(「最寄の津波避難場所」または「営業所上階(屋上等)」に避難)
  2. 訓練結果・改善報告、従業員への確認・周知(各営業所内へのハザードマップの掲示、津波避難場所の表示)

佐川急便は、事業継続に関する取り組みを改善・発展させていくため、今後も継続的に災害等対応訓練や普及啓発を行ってまいります。

  • ※災害対策基本法に基づく指定公共機関
    国や地方公共団体と協力して緊急事態などに対処する機関。医療・電気・電気通信・放送・ガス・運送事業者など

このページの先頭へ

ニュースリリース