このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2016年

【SGホールディングス】「高校生環境研修 in 高尾100年の森」の開催に協力(2016/12/05)

SGホールディングス株式会社・佐川急便株式会社・佐川林業株式会社は、11月20日(日)に全国ユース環境ネットワーク事務局主催の「高校生環境研修 in 高尾100年の森」の開催に協力いたしました。

佐川急便によるミニセミナーの様子
高校生がアオキ刈りをする様子

SGホールディングスグループは、東京都八王子市(高尾)および高知県・徳島県に合計735ヘクタールの森林を保有し、CO2の吸収源とするとともに、環境コミュニケーションや環境教育の場としても広く提供しています。今回、全国ユース環境ネットワーク事務局の「ユース世代の環境意識向上」という活動目標に賛同し、「高尾100年の森※1」での高校生環境研修の開催に協力いたしました。

今回の研修テーマは、「初めての里山体験 〜豊かな森を考える〜」。開催地域である八王子市の高校2校(工学院大学付属高等学校、東京都立富士森高等学校)より、生徒・引率教諭合わせて9名が参加しました。

当日は、SGホールディングス、佐川急便、佐川林業の各社が、環境保全や森林保全の取り組みを紹介した後、里山ガイドウォークやアオキ※2刈りなどの森林整備作業を体験。その他、爪楊枝の原料となる材木や山椒の葉など普段身近にある植物にも触れるといった体験を通し、里山に親しみ、生物多様性について学んでいただきました。

また、「里山の自然と人のかかわり」に対する考えを述べる「高校生環境(里山)宣言」に両校の学生が合同で取り組み、同じユース世代として今後環境のために取り組めることについて、積極的な意見交換を行いました。「より多くの生徒に環境体験の参加を促し、より広い視野で環境について考えます」「CO2を削減する」といった宣言がなされ、高校生自身がこれからの環境保全に向けて何ができるのかを考える機会となりました。

2011年のユネスコ世界会議で、次世代を担うユースの育成が重要だと指摘されたことをきっかけに、世界的に次世代育成の機運が高まっています。全国ユース環境ネットワークはそのための取り組みとして、2015年度から環境活動に取り組む企業との研修を企画、開催しています。
SGホールディングスは今後も、環境保全、次世代育成の支援活動を継続して実施し、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

  • ※1 佐川急便の保有する社有林。2007年から、人と自然が共生し、100年先も続く持続可能な里山を再生、保全する活動「高尾100年の森プロジェクト」を実施しています。
    また、2016年3月には、東京都で初めて、環境教育促進法に基づく「体験の機会の場」に認定されました
  • ※2 アオキとは本州以南に自生するミズキ科の常緑低木。日本の他、中国やヒマラヤなどの東アジアに分布する。

参考:「高校生環境研修 in 高尾100年の森」実施要項

主催

全国ユース環境ネットワーク事務局(独立行政法人環境再生保全機構)

協力

SGホールディングス株式会社、佐川急便株式会社、佐川林業株式会社

名称

<全国ユース環境ネットワーク>「高校生環境研修 in 高尾100年の森」

研修地

『高尾100年の森』(所在地:東京都八王子市元八王子町3丁目・裏高尾町)

日時

2016年11月20日(日) 10:00〜15:00

参加高校

  1. 工学院大学付属高等学校(八王子市)…生徒会、自然科学部
  2. 東京都立富士森高等学校(八王子市)…アウトドア部

参考:「高校生環境研修 in 高尾100年の森」高校生感想一部抜粋

  • 環境に対しての取り組みに関するセミナーを聞いて、自分の地元や四国を拠点に様々な活動をしていたことに驚いた。また、日常の生活に深く関わっていることにも(天然ガスを使う自動車など)環境に貢献できることを知り、自ら取り組みをしていきたい。さらに、実際に山などで身体を動かして行う活動も意欲を持つきっかけになると思う。
  • いろんな人たちが自然にたずさわっているから、今の自然が保たれているのを知り、心にしみました。自分も自然にたずさわれるような人になりたいと思いました。
  • 今回企業の方から話を聞いたり雑木林を散策したりすることで、社会の観点で新たに物事を見たことが新鮮でした。とくに印象に残ったのが、生活や利益のために活動した過程で排出されたCO2等の環境を破壊する物質を自らの責任をもって処理するということです。考えてみれば、それはあたりまえなことであり、せざるをえなくなるのは私たちであるので、現状をよく見て関心を持つことが大切であると考えました。

このページの先頭へ

ニュースリリース