このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【SGホールディングス】前取締役の故 漆崎博之が2017 J-Winダイバーシティ・アワード「リーダー・アワード」を受賞!(2017/03/10)

SGホールディングス株式会社は、NPO法人ジェイウィン(以下J-Win)が主催する「2017 J-Winダイバーシティ・アワード」において、SGホールディングスの前取締役である故 漆崎 博之が、「リーダー・アワード」を受賞いたしました。なお、物流業界での本賞の受賞は今回が初めてとなります。

授賞式の様子

「J-Winダイバーシティ・アワード」は、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援するJ-Winが、ダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)を推進している先進企業を表彰するものであり、2008年より毎年実施されています。またその中の「リーダー・アワード」は、D&Iや女性活躍の推進に顕著な貢献をした個人を表彰するものです。
そしてこのたび、SGホールディングスの前取締役の故 漆崎 博之が、グループ横断プロジェクト「わくわくウィメンズプロジェクト」の推進リーダーとしての取り組みを評価され、「リーダー・アワード」を受賞いたしました。

概要

受賞内容 2017 J-Win ダイバーシティ・アワード「リーダー・アワード」
受賞者 漆崎 博之(うるしざき・ひろゆき)
SGホールディングス株式会社 前取締役(2016年12月12日 逝去)
受賞理由 グループ横断プロジェクト「わくわくウィメンズプロジェクト」の統括責任者としてリーダーシップを発揮し、グループ全体における女性活躍やD&Iの推進、企業風土の改革に大きく寄与。

これからもSGホールディングスグループでは、約8万人の従業員が活躍する企業グループとして、さまざまな取り組みを通じて個性・多様性のある組織づくりを推進してまいります。

J-Winダイバーシティ・アワードについて

J-Winダイバーシティ・アワードは、ダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)を推進している先進企業を表彰することで、日本企業におけるD&I推進を加速することを目的として2008年より毎年実施され、今回で10回目となります。表彰は「企業賞」と「個人賞」に分かれており、個人賞の中の「リーダー・アワード」は、D&I推進、特に女性活躍推進において、現状を打破し、チャレンジ精神と実行力で新風を巻き起こし、女性活躍推進に顕著な貢献した個人に贈られるものです。

受賞者の主な取り組み

  • SGホールディングスグループにおける女性活躍推進のため2011年に発足したグループ横断プロジェクト「わくわくウィメンズプロジェクト」に、2012年より統括責任者として参画し、力強いリーダーシップを発揮。
  • 同プロジェクトの責任者にグループ各社の社長を任命したほか、アドバイザーには各社管理職や役員を配置し、経営層やマネジメント層がプロジェクトに必ず参画する推進体制を構築。一方で現場の声も重要視し、取締役でありながら社内イベントや研修などに積極的に参加。従業員とも直接コミュニケーションを図るなど、多面的なアプローチによりプロジェクトの推進を加速。
  • 女性の感性を活かした意見・発案による新しいビジネスの創出や既存ビジネスの改善等の取り組みを表彰する「わくわくアワード」を創設するなど、「グループ事業の30%を女性が担う体制」の達成に向け、経営戦略とリンクさせながら、グループ全体における女性活躍やD&Iの推進、企業風土の改革に大きく寄与。
  • ※NPO法人ジェイウィンについて
    NPO法人ジェイウィンは、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援することを目的に、2007年4月に設立された企業メンバー制の団体です。女性活用についてのアドバイス、コンサルタントをはじめ、セミナーや講演、さまざまな調査など、企業におけるダイバーシティ・マネジメントの推進をサポートする各種活動を展開しています。また、業種や業態の枠を超えた女性企業人の相互研鑽の機会を提供し、ネットワーキングの構築を支援することにより、女性リーダーの育成、能力開発を図っています。これらの活動を通じ、性別や国籍、年齢などにかかわりなく、多様な個性が力を発揮し、活躍できるダイバーシティ社会の実現に寄与しています。

このページの先頭へ

ニュースリリース