このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【SGホールディングス】物流業界初!環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結(2017/04/04)

SGホールディングス株式会社は、物流業界としては初めて、環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結し、3月29日(水)環境省にて締結式を行いました。

山本公一環境大臣(左)とSGホールディングス代表取締役会長 栗和田 榮一(右)
オフィシャルパートナーロゴマーク

「国立公園オフィシャルパートナーシップ」とは、環境省と企業または団体が相互に協力し、日本が世界に誇る国立公園の美しい景観と、国立公園に滞在する魅力を世界に向けて発信し、国内外からの国立公園利用者の拡大を図ることで、内外の人々の自然環境の保全への理解を深めるとともに、国立公園の所在する地域の活性化につなげるためのパートナーシッププログラムです。

SGホールディングスグループでは、本パートナーシップ締結により、佐川急便の輸送ネットワークを活用した物流面での支援や、ウェブサイトを活用した情報発信を行い、国立公園来訪者の利便性向上や地域の活性化に取り組んでまいります。

主な取組み内容

期間:2020年12月31日まで

  1. 最適な輸送手段の提供による物流面での支援
    「手ぶら観光」を促進することによる訪日外国人利用者の利便性向上に向けた、国立公園最寄空港への宅配カウンター設置の検討
  2. ウェブサイト・その他媒体を活用したPR・魅力発信
    ウェブページにおいて、国立公園を紹介し魅力を発信する専用ページの作成

SGホールディングスは、本プロジェクトの推進に積極的に参画し、事業活動を通じた地域活性化に取り組んでまいります。

このページの先頭へ

ニュースリリース