このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【SGホールディングス】「SGホールディングスグループ自然体験学習」を実施(2017/05/09)

SGホールディングス株式会社は、「SGホールディングスグループ自然体験学習(田植え体験/エコファミリースクール)」を、5月3日(水・祝)に滋賀県守山市の水田および琵琶湖栽培漁業センターにて実施しました。

田植え体験
エコファミリースクール

この取り組みは「自然との共生」を重視した昔ながらの米づくり体験を通じて、子供たちに自然の恵みや食物の大切さを学んでもらうために、2007年度より継続している環境啓発活動で、今年度は、11回目となる「田植え体験」に加え、琵琶湖の固有魚「ニゴロブナ」をテーマに、生き物の生態系を守る目的や大切さを学ぶ環境出前教室「エコファミリースクール」を実施しました。

当日は守山市地域住民の方々をはじめ、SGホールディングスグループ従業員・家族を含め総勢188名が参加。田植え体験では、素足で水田に入り、泥に足をとられる感触に歓声をあげながら、丁寧に苗を手植えしました。参加者からは「ドロが冷たくて気持ちよかった」「まっすぐ植えるのが難しかった」などの声があがりました。今回植えた苗は9月に「稲刈り体験」で収穫・精米後、10月中旬に「飛脚米」として田植え・稲刈りの参加者に配布する予定です。

その後、琵琶湖栽培漁業センターにて実施した「エコファミリースクール」では、「ニゴロブナのふるさとたんけん!」と題し、琵琶湖の固有魚で絶滅危惧種に指定されている「ニゴロブナ」の生態系を学習。育成現場の実地体験などを通じ、ニゴロブナのふ化や育成方法、育成環境、琵琶湖への放流について学び、生態系保全の重要性や、環境に配慮した農地づくりへの理解を深めました。

SGホールディングスグループでは、今後もさまざまな環境啓発活動を実施し、ステークホルダーの方々との活動を通じて従業員の環境保全への意識高揚に取り組んでまいります。

  • ※滋賀県では、絶滅危惧種に指定されているニゴロブナの稚魚を水田を利用して生育させる取り組みが行われています。その一環として、SGホールディングスグループ自然体験学習においても毎年5月下旬〜6月上旬頃にニゴロブナの稚魚(体長2〜3mm)約10万匹を当水田に放ち、約2〜3cmまで成長させた後、7月下旬頃に水田から琵琶湖へと放流する取り組みを行っています。

実施概要

実施日時 2017年5月3日(水・祝)
10:00〜11:30 田植え体験
12:30〜14:10 エコファミリースクール
実施場所 田植え体験/浦谷農園(滋賀県守山市、対象区画:3反・約900坪)
エコファミリースクール/琵琶湖栽培漁業センター
参加者 計188名(うちエコファミリースクール参加者:41名)
守山市地域住民の方など95名(※守山市により一般募集)
SGホールディングスグループ従業員およびその家族 93名
協力 滋賀県、守山市、木浜自治会、浦谷農園、田中ファーム

このページの先頭へ

ニュースリリース