このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【佐川急便】荷役作業の省人化を目指して 物流画像判別AIエンジンの開発に協力(2017/05/31)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、株式会社NTTデータが経済産業省から採択された調査事業である、多種多様な荷物の荷姿、寸法、取り扱い、汚破損などを画像から自動的に判別する物流画像判別AIエンジンの適用実証に協力しました。

NTTデータは、社会問題化している物流需給ひっ迫を解決するために、人手に依存したオペレーションのAIによる自動化に着目した、物流業務変革コンサルティングサービスの提供を開始しています。最新のディープラーニング技術を取り入れたAIエンジンの応用範囲は幅広く、倉庫の入庫検品、仕分け、積み降ろし業務のロボット化と言った物流業務のみならず、他分野にも役立てることができます。

佐川急便ではこの適用実証を実施するにあたり、通常の仕分け業務を行う現場における画像診断テストに協力しました。近い将来、確実に訪れる労働力不足に対応するための施策の1つとして、この物流画像判別AIエンジンの開発に協力することで庫内作業の省人化の実現を目指します。

NTTデータが開発した物流画像判別AIエンジンは、物流産業において問題が生じているさまざまなシーンで応用が期待されます。荷物の外装、形状、取り扱い、容積、汚破損など人間が判断していた情報を自動的に判別し、デジタルデータ化することで、トラックへの荷物の積み込みやトラックからの荷物の積み下ろしなどの荷役作業に応用でき、ドライバーへの作業負荷軽減を図ることが可能となります。

佐川急便では今後も物流業務の改善、品質の維持・向上等に向けて、先進的な研究開発に積極的に参画してまいります。

このページの先頭へ

ニュースリリース