このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【佐川急便】愛媛県と佐川急便が包括連携協定を締結(2017/09/11)

愛媛県と佐川急便株式会社は、愛媛県の地域活性化と県民サービスの向上を目的とした地域活性化包括連携協定を締結し、9月8日、愛媛県庁において締結式を行いましたのでお知らせします。

1.背景

愛媛県は、四国の北西部に位置し、多島美の瀬戸内海やリアス式海岸の宇和海、西日本最高峰の石鎚山など豊かな自然を有しており、海の幸やかんきつ類等数多くの名産品・特産品があるほか、日本最古の温泉として全国的にも有名な道後温泉や、現存十二天守に数えられる松山城と宇和島城など多くの文化財に恵まれ、正岡子規を始めとした多くの文化人が産声を上げ俳句や短歌などの日本の近代文学に新風を吹き込むなど、歴史と伝統ある文化も残されています。
また、一次産業が盛んな「南予」、二次産業が盛んな「東予」、三次産業が盛んな「中予」と、各産業が県内にバランスよく展開されております。
こうした中、現在愛媛県では、「県民の安全・安心を守る防災・減災対策」、「少子高齢化を踏まえた人口減少対策」、「地域経済の活性化」の3つのテーマに重点を置き、挑戦・実行・現場主義・オール愛媛を基本姿勢として、「愛顔(えがお)あふれる愛媛県」の実現に向けた取組みを強化しております。

佐川急便は、総合物流企業として国内外の拠点とネットワークを有し、多種多様な物流ニーズに応えています。保有する資源やノウハウを活用し、地域経済の活性化や課題解決に寄与するための活動も積極的に進めています。観光振興については、国内の観光客やビジネス客、訪日外国人観光客の利便性向上を目的に「手ぶら観光」を促進しています。東京駅、浅草、東京スカイツリー®、JR大阪駅、松山空港、福岡空港などに宅配カウンターを設置し、「手ぶら観光」サービスの拠点を拡大しています。愛媛県においては、2015年から、しまなみ海道をサイクリングで利用する方の利便性向上のために、今治市と広島県尾道市の区間において、手荷物を宿泊地から次の宿泊先へ当日配達を行う「しまなみ海道手ぶらサイクリング」を提供しています。
農商工振興については、地場産業の製品や農水産物の物流改善ならびに輸出促進など、新たな価値の創造や最適なソリューションを提供しています。さらに、社会インフラの一つである物流を担う企業として、高齢者等への見守り活動や災害時における物資の輸送協力など、地域の安全・安心に資する活動もおこなっています。

本協定の締結を契機に、愛媛県と佐川急便は、県民の皆さまへの多様なサービスの創出や地域の活性化、社会的課題の解決・改善などに取り組んでまいります。

2.主な協定内容

1.観光振興および観光情報の発信に関すること

  • 県内を訪れる観光客およびサイクリストの利便性向上に向けた手ぶら観光サービスの実施
  • 「えひめFree Wi-Fi」の認知度向上に向けたPR

2.愛媛県産品の流通・販売促進に関すること

  • 県産品の高品質・低コスト流通に向けた輸送体系確立に向けた連携
  • 中小企業の海外展開に対する流通面での支援
  • グループ従業員への県産品PR

3.地域防災と安全・安心に関すること

  • 県総合防災訓練への協力
  • 広域防災拠点(物資拠点)における問題点や改善点等についての助言
  • 佐川急便が有する防災関連情報の提供
  • 特殊詐欺被害防止に関する協力

4.働き方改革の推進に関すること

  • ひめボス宣言事業所への参画および取組みの実施
  • 女性活躍推進に向けた取組みの実施

5.子ども・青少年の育成に関すること

  • 通常業務を通じて知り得た子どもの保護に関する情報提供
  • 緊急時の一時避難場所としての営業所等の活用

6.高齢者・障がい者支援に関すること

  • 障がい者に対する虐待・差別等を発見した際の市町窓口への通報
  • 障がい者の権利擁護に関する佐川急便社員への県政出前講座の実施
  • 認知症見守りSOSネットワークへの参画
  • 企業・団体型キャラバンメイトによる認知症サポーター養成講座の実施

7.環境保全の推進に関すること

廃棄物の不法投棄監視の協力

8.その他地域の活性化および県民サービス向上に関すること

  • 公共交通人材確保への協力
  • 松山港発着の貨物の集荷支援、集荷コストの削減に向けた連携
左:佐川急便 取締役 内田 浩幸、右:愛媛県知事 中村 時広

このページの先頭へ

ニュースリリース