このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【佐川急便】乗合タクシーを活用した貨客混載事業を開始(2017/10/31)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、旭川中央ハイヤー株式会社と、11月1日から乗合タクシーを活用した貨客混載事業を開始します。

1.背景

自動車運送業の担い手不足と人口減少等に伴う輸送需要(旅客)の減少により、特に、過疎地域等においては、人流および物流サービスの維持が重要な課題となっています。このような状況下、旅客または貨物の運用に特化してきた従来の輸送のあり方を転換し、一定の条件のもと旅客と荷物を運ぶ「かけもち」ができるよう、規制が緩和されました。本制度を活用して、佐川急便は旭川中央ハイヤーの乗り合いタクシーで宅配便を運ぶ新たな貨客混載事業を始めます。

2.事業概要

旭川中央ハイヤーの乗り合いタクシーは、JR東旭川駅と約20キロ離れた米飯(ペーパン)地区(「東桜丘」「瑞穂」「米原」「豊田」の4地区を総称した地名)間を、住民の予約に応じて平日10便、土日7便運行しています。今回計画している配達エリアは旭川市米飯地区、東旭川駅周辺で、予約のない時間帯を乗り合いタクシーの運転手が個別配送するものです。

運用フロー

  1. 往路1便目運行後、旭川営業所で配達荷物を受け取る。受け取った後はJR東旭川駅から通常運行
  2. 乗車待ち、空車時間など運行の合間を利用して配達
  3. 配達業務を終えたら、旭川営業所で不在などの未配達の荷物を引き渡して業務終了

開始日

11月1日(水)

配達対象エリア

旭川市米飯地区(「東桜丘」「瑞穂」「米原」「豊田」)、東旭川駅周辺

佐川急便では、新たな配送モードの構築による効率化を目指すとともに、地域活性化に貢献できる取り組みを積極的に進めていきます。

このページの先頭へ

ニュースリリース