このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【SGH財団】東南アジアからの私費留学生に奨学生採用証書を授与(2017/10/31)

公益財団法人SGH財団は、2017年度SGH奨学生採用証書授与式を10月30日(月)に京都で開催いたしました。

第32期生となる2017年度SGH奨学生16名(学部生10名、大学院生6名)は、国公私立各大学の学長より推薦を受けた私費留学生97名の応募から、SGH奨学生選考委員会による厳正な審査を経て採用されました。なお、奨学生には奨学金月額10万円がSGH財団より2年間支給されます。

ホテル日航プリンセス京都で行われた採用証書授与式においては、理事長の栗和田榮一より、奨学生一人ずつに採用証書が手渡されました。そして奨学生を代表してインドネシアからの留学生である、ヨスア ナターシャさん(東京工業大学大学院1年次)が「ご支援いただく皆さまの期待を裏切ることのないよう、社会貢献の夢を実現するために一生懸命、研究と学習に励むことを約束いたします。」と挨拶しました。その後の懇親会では、奨学生同士や来賓、財団関係者、SGホールディングスグループ関係者などとの交流を図りました。

なお、採用証書授与式に先立ち、奨学生は佐川美術館を訪問し、日本画(平山郁夫氏)、彫刻(佐藤忠良氏)、陶芸(樂吉左衞門氏)などの作品を鑑賞しました。また、伏見稲荷大社などを訪れ、生八つ橋手作り体験や京友禅染体験を通して、日本の伝統や文化に触れていただきました。

授与式の様子
授与式の様子
理事長の栗和田榮一と奨学生の記念撮影の様子
理事長の栗和田榮一と奨学生の記念撮影の様子

理事長 栗和田榮一 挨拶(抜粋)

奨学生のみなさんには、急速に変化する社会環境に立ち向かい、志を高く持ち、自分自身の人生の目標達成に向けて、着実に歩んでいかれることを望みます。
また、交流を通して、日本の社会や文化に触れ、日本の良き理解者となり、国際人として活躍されることを期待します。

公益財団法人SGH財団について

2015年4月1日に旧佐川留学生奨学財団を母体として、公益財団法人佐川がん研究振興財団および一般財団法人佐川国際経済協力会を吸収合併し、同時に名称を公益財団法人SGH財団に変更し、新たにスタートいたしました。
SGH財団の事業の一つである留学生奨学事業は、SGホールディングスグループ各社がこれまでに社会全体から受けた恩恵に報いるべく、利益の一部を社会に還元し、次の世代を担う東南アジアの人材育成のために役立たせたいとの願いから、1986年2月14日に佐川留学生奨学会を設立し今日まで継続しております。
今年度も含め留学生は510名を採用、奨学金は総額で11億5,470万円に達しており、奨学金支給とともに、文集等の発刊や授与式・交流会、同窓会の開催を通じて、日本での留学生活が豊かで実りあるものになるよう努めています。
なお、SGH財団は他事業として、がん研究振興事業、国際経済協力事業があり、社会から受けた恩恵を広く還元しております。

2017年度(第32期)の奨学生一覧(敬称略)
氏名性別国籍大学
グェン ティ キム アン ベトナム 秀明大学
サフィトリ エフィヤニ インドネシア 崇城大学
ゴー メイ シン マレーシア 東京経済大学
ロニー クリスティアディ サリム インドネシア 大阪工業大学
アナンシリプラパー カンヤナット タイ 立命館アジア太平洋大学
グナワン トミー インドネシア 龍谷大学
タ ティ バン ベトナム 福岡女子大学
ファム チュン ジャン ベトナム 豊橋技術科学大学
ル ル ミャンマー 法政大学
ニン ティ デュク ミン ベトナム 尚美学園大学
ビジイト ケオレク カンボジア 東京農業大学大学院
グェン ティ ツェット マイ ベトナム 徳島大学大学院
ウィン トウン アン ベトナム 東京国際大学大学院
ゲリー タナマス インドネシア 桃山学院大学大学院
ヨスア ナターシャ インドネシア 東京工業大学大学院
ワラポン チンサティ タイ 九州工業大学大学院

このページの先頭へ

ニュースリリース