このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2017年

【SGムービング】「第6回 SGムービング品質選手権」を開催(2017/11/28)

SGホールディングスグループのSGムービング株式会社は、11月16日(木)に「第6回 SGムービング品質選手権」を開催しました。

SGムービングは、主要事業である引越・設置輸送事業における「あらゆるニーズに応える、テクニカルネットワーク企業へ」をスローガンとし、同事業に従事する専門スタッフ育成の強化が必要であると考えています。そのため2012年度から「SGムービング品質選手権」を開催し、専門スタッフの技術力とマナー向上に取り組んでいます。

6回目を迎えた今大会では、パートナー企業4チームを含めて全国から予選を勝ち抜いた12チーム、総勢24名の選手が、日頃培った技術を「筆記試験」と「複合競技(梱包・搬入・組立)」の2種目の合計点で順位を競いました。
今回は女性が3名出場し、極め細やかな作業やマナーを披露して、見事女性チームが優勝の栄冠を勝ち取りました。SGムービングでは、女性スタッフによる女性のための引越しサービス「レディースムービング」をサービス展開し、今大会においても、多様性ある組織づくりの推進を象徴するような結果となりました。

  • ※「食器棚の梱包」「冷蔵庫の簡易梱包および搬入設置」「家具の組み立て」といったさまざまなシチュエーションを“障害物競走”の要領で次々にクリアしていく

昨年に続き、今回も夢の島にある東京スポーツ文化館のメインアリーナ(1,410m2、客席600席)を貸切り、約1,000枚の養生シートを敷き詰め実施しました。お客さま、パートナー企業、業界団体をはじめ約500名のご来賓をお迎えした過去最大の規模となり、大会では競技のみならず、新たな取り組みであるエアコンおよびビルトインコンロの設置、エレベーター養生、養生資材の効果検証、内視鏡手術ロボットやゲート型金属探知機等の大型重量物の搬入・設置(専用車輌や重量物作業に伴う全国対応の施設養生が必要)のデモンストレーションを行い、その高度な技術力に対して高い評価をいただきました。これは、引越をはじめとした特殊輸送インフラに対する期待と関心が高まっているものと感じています。

SGムービングは、引越・設置輸送事業において、さらなる顧客満足度の向上を目指し、今後も継続した専門スタッフの育成や新サービスの提供に努めていきます。

競技結果は、次のとおりです。

【競技結果】
チーム名選手名
優勝 SGムービング 東京・SGムービング 名古屋 小森 藍子・大久保 美紀
2位 SGムービング 東京 高田 仁・藤田 与志弘
3位 SGムービング 札幌・有限会社ジーエムカーゴ 田口 竜太郎・徳倉 賢一

このページの先頭へ

ニュースリリース