このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2018年

【佐川急便】鳥取県と佐川急便が包括連携協定を締結(2018/01/24)

鳥取県と佐川急便株式会社は、鳥取県の地域活性化と県民サービスの向上を目的とした地域活性化等包括連携協定を締結し、1月23日、鳥取県庁において締結式を行いましたのでお知らせします。

1.背景

鳥取県は中国地方の日本海側に位置し、西日本有数の豪雪地帯でもあります。北は日本海に面し、鳥取砂丘をはじめとする白砂青松の海岸線が続き、南には中国地方の最高峰・大山をはじめ、中国山地の山々が連なっています。山地の多い地形ながら、三つの河川の流域に平野が形成され、それぞれ鳥取市、倉吉市、米子市が流域の中心都市として発達しています。気候は比較的で温暖で、春から秋は好天が多く、冬には降雪もあるなど、四季の移り変わりは鮮やかです。こうした環境の中、数々の山の幸や海の幸が豊富で、「二十世紀梨」や「松葉がに」が代表的です。また、交流人口の拡大、地方からの情報発信の促進と地域の活性化を図るため、県内の市町村と県外の市町村との間の交流を推進しています。交流を通して鳥取県の自然、歴史、文化などに対する認識を深めるとともに、地域の活力を生み出す取り組みを行っています。

佐川急便は、総合物流企業として国内外の拠点とネットワークを有し、多種多様な物流ニーズに応えています。保有する資源やノウハウを活用し、地域経済の活性化や課題解決に寄与するための活動も積極的に進めています。観光振興については、国内の観光客やビジネス客、訪日外国人観光客の利便性向上を目的に、物流インフラを活用した「手ぶら観光」を促進しています。また、輸送ネットワークの効率化による配送品質の向上や環境負荷低減を目的に、鉄道やバス事業者との貨客混載事業も進めています。農商工振興については、地場産業の製品や農水産物の物流改善ならびに輸出促進など、新たな価値の創造や最適なソリューションを提供しています。さらに、佐川急便では、多様な労働力の確保に向けて女性や高齢者、グローバル人材など、あらゆる従業員が活躍できる職場づくりに取り組み、ダイバーシティを積極的に推し進めているほか、社会インフラの一つである物流を担う企業として、高齢者等への見守り活動や災害時における物資の輸送協力など、地域の安全・安心に資する活動も行っています。

本協定の締結を契機に、鳥取県と佐川急便は、県民の皆さまへの多様なサービスの創出や地域の活性化、社会的課題の解決・改善などに取り組んでまいります。

2.主な協定内容

(1)中山間地の支援に関すること

  • 交通インフラの利活用促進
  • 中山間地等での見守り活動の実施(中山間集落見守り活動協定の締結)

(2)地域防災と安心・安全に関すること

  • 災害時の輸送等の協力
  • BC(事業継続)企業連携の推進
  • 道路・河川等公共土木施設の損壊情報の通報
  • 特殊詐欺被害の防止への協力
  • 子どもたちに向けた交通安全運動の取組

(3)女性の活躍推進および雇用の推進に関すること

  • 働く女性の活躍の推進
  • 若者の雇用促進
  • 高齢者の雇用および社会参加への支援

(4)観光振興・観光情報の発信および県産品の流通・販売支援に関すること

  • 観光情報の発信
  • 観光・ビジネス客等の利便性向上
  • 高品質・低コスト流通に向けた輸送体系確立の検討、連携促進
  • 県産物のPR・消費拡大への協力

(5)その他、地域の活性化・県民サービスの向上に関すること

  • あいサポート企業への登録とあいサポート運動の展開
  • 子育てへの支援および婚活の応援
  • 鳥取県への移住支援
  • 環境に優しい集配の拡大
左より佐川急便 中国支店長 外山 智、取締役 内田 浩幸
鳥取県知事 平井 伸治、鳥取営業所 松本 陽二

このページの先頭へ

ニュースリリース