このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2018年

【SGホールディングス】今年で12年目を迎える、守山市での「飛脚米」田植え体験!
「SGホールディングスグループ自然体験学習」を実施(2018/06/06)

SGホールディングス株式会社は、「SGホールディングスグループ自然体験学習(田植え体験)」を、5月3日(木・祝)に滋賀県守山市の水田にて実施しました。

この取り組みは、子供たちが昔ながらの手植えという手法で苗を植えることで、自然と直に接し、自然の恵みや食物の大切さを学んでもらうことを目的とし、2007年度より継続している環境啓発活動です 。

田植え体験の様子

当日は曇り空で風もあり肌寒い天候ではありましたが、守山市地域住民の方々やSGホールディングスグループの従業員とその家族など総勢118名が参加しました。子供たちは素足で水田に入り、泥の感触に歓声をあげながら、懸命に苗を植えていました。参加者からは「泥が思ったより暖かくドロドロしていて気持ちよかった」「子供たちに自然の中で良い体験をさせてあげることができゴールデンウィークの良い休日になった」などの声が聞かれました。今回植えた苗は9月に開催予定の「稲刈り体験」にて収穫し、精米後、10月中旬に「飛脚米」として田植え・稲刈りの参加者に配布する予定です。

SGホールディングスグループは、ステークホルダーの方々や従業員とその家族を対象に、今後もさまざまな環境啓発活動を実施してまいります。

実施概要

日時 2018年5月3日(木・祝)10:00〜11:00
会場 浦谷農園(滋賀県守山市、対象区画:3反・約900坪)
参加者数 守山市地域住民の方など66名(※守山市により一般募集)
SGホールディングスグループ従業員およびその家族 52名 計118名
協力 滋賀県、守山市、木浜自治会、木浜農業組合、浦谷農園、田中ファーム

このページの先頭へ

ニュースリリース