このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2018年

【佐川急便】「第26回 ドライバーコンテスト」を開催(2018/07/02)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、6月29日・30日の2日間にわたり、佐川急便研修センター自動車教習所にて「第26回 ドライバーコンテスト」を開催しました。

佐川急便は、交通法規の遵守、運転技術および点検技術の向上、ドライバーの交通安全に対する意識と運転マナーの向上、さらに交通事故撲滅を目的に、1993(平成5)年より毎年ドライバーコンテストを開催しています。
今大会では、全国各地で行われた厳しい予選を勝ち抜いたドライバーが、安全に対する知識の習得状況や安全・環境に配慮した運転技術、日常点検の技量を競い合いました。

開催概要

開催日 2018年6月29日(金)、30日(土)
開催場所 佐川急便研修センター自動車教習所(所在地:神奈川県綾瀬市)
競技内容 学科競技(1日目)、点検競技、運転競技(2日目)
参加者 84名(グループ会社含む)
【一般表彰優勝者】
 氏名所属事業所(支店)得点 
軽部門 浅岡 幸太 山形営業所(南東北支店) 963点 個人総合優勝
2トン部門 岡本 良太 松山営業所(四国支店) 934点  
4トン部門 黒沢 真一 茨城営業所(東関東支店) 954点  
11トン部門 山下 雄太 仙台営業所(南東北支店) 962点  
【特別表彰】
 所属事業所(支店)得点 
団体表彰 南東北支店 931.4点  
  • ※個人総合優勝…「軽部門」「2トン部門」「4トン部門」「11トン部門」における最高得点者
  • ※団体表彰…出場者1人あたりの平均点が最も高い支店
  • ※「学科競技(400点満点)」「運転競技(400点満点)」「点検競技(200点満点)」の計1,000点満点

佐川急便では、公道を使用して事業を営む企業の責任として、今後も「安全」「環境」を最優先事項として位置づけ、プロドライバーの育成、及び全従業員の安全・環境に対する意識の高揚を図っていきます。

運転競技
運転操作に加え、安全運転基本要領の遵守や運転態度を含めて審査する
点検競技
制限時間内に点検を実施し、内容の正確さなどを審査する
学科競技
交通法規や車両構造、佐川急便の安全や環境の取り組みなど幅広い知識を審査する
表彰式の様子
(団体優勝 南東北支店)

このページの先頭へ

ニュースリリース