このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2018年

【佐川急便】DMM.comの物流効率化を実現(2018/12/12)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、株式会社日立物流(以下「日立物流」)と協同で、合同会社DMM.com(以下「DMM」)が展開する3Dプリントサービス「DMM.make3Dプリントサービス」のサービス品質向上を目的に物流提案を実施、2018年12月4日(火)よりサービス運用を開始しましたので、お知らせいたします。

本取り組みについて

DMMが提供する「DMM.make3Dプリントサービス※1」では主要な生産拠点を石川県加賀市に設置しています。プリンター本体はもちろんのこと、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため地方に生産拠点を置く必要がありました。しかし地理的要因などにより首都圏へのサービス提供にリードタイムを要していました。そこで新たに日立物流の流通センター内(京浜物流センター:東京都大田区平和島)に生産拠点を置くことでコストを抑え、配送については佐川急便の流通網を用いることでより迅速な輸送を行うことができるようになり、DMM.makeの強みである価格と品質の維持を実現しました。

佐川急便の物流コンサルについて

佐川急便ではグループ横断の先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL®」を組成し、デリバリー、ロジスティクス、国際、IT、ファイナンスなどさまざまなリソースを活用して、お客さまのニーズに的確なソリューションを提案しています。今回ご提示したソリューションもDMM.makeの物流課題に対して日立物流との協業サービスをご提案することで物流の最適化を実現いたしました。

本取り組みのスキーム図

全体概要

各社の主な役割

  • 佐川急便:生産拠点からの配送サービスの提供
  • 日立物流:造形物の出荷工程業務(仕分け・洗浄・仕上げ・梱包等)

佐川急便では、今後もさまざまな企業との協業によりお客さまの物流課題の解決に最適なソリューション提案を実施することで、お客さま満足度の向上に積極的に取り組んでまいります。

  • ※1 DMM.make3Dプリントサービス とは
    モノづくりのためのプラットフォームを運営、産業用の3Dプリンターを複数導入し、一般ユーザーでもお求めやすい価格で1点からでも注文が可能。

    本取り組みでは、法人等からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることにより、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、さまざまなニーズに対応が可能。

このページの先頭へ

ニュースリリース