このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ニュース 2020年

【SGホールディングス、SGシステム】「デジタルトランスフォーメーション銘柄企業」において『DX注目企業2020』に選定(2020/08/25)

SGホールディングス株式会社は、SGシステム株式会社が主導する「最先端ロボティクスを活用した生産性向上・コスト削減への取り組み」や「AIを活用した先進的な共同研究」などのDXへの取り組みが評価され、本日、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「デジタルトランスフォーメーション銘柄企業」から、『DX注目企業2020』に選定されました。これは、昨年の「IT経営注目企業2019」に続き2年連続の選定となりました。

SGホールディングスグループは、今年1月に次世代型の物流センター「Xフロンティア®」を開設、施設5階フロアにおいて佐川グローバルロジスティクス株式会社が先進的な物流ロボティクスを導入し、設備やスペースを従量課金制で利用できる「シームレスECプラットフォーム」の提供を開始しました。「シームレスECプラットフォーム」では、自動棚搬送ロボットを始めとしたAGV(Automated Guided Vehicle)や自動梱包機などの導入により、同規模の施設に比べ約50%の省人化を実現するとともに、同サービスを利用することで小規模の物流業務をマテハンの初期投資やスペース使用料などの固定費をかけることなく、大手通販事業者と同等の作業品質で通販ビジネスの展開を可能にしています。

また、佐川急便株式会社は、産学共同研究により電力データを用いて荷受人の在不在をAIに判断させることで不在配達を回避、不在再配達を削減するなどの革新的な取り組みについての検討を2019年10月から開始し、2020年秋頃から実際の配送現場において実証実験を行います。この取り組みは、国土交通省が提唱する「総合物流施策推進プログラム」において設定した、宅配便の再配達率の削減目標(不在配送率「-13%程度」)の達成、再配達におけるCO2削減やドライバー不足の解消等に大きな効果が期待できると考えております。

SGホールディングスグループは、これからもオープン系のグループ共通IT基盤をベースに、トータルロジスティクスの機能を強化させ、さらに同業他社やベンチャー企業を含めた異業種との連携や、IoT・AI・ロボティクス等のテクノロジーを活用することでさらなるDXを推進し、常にお客さまにとって最適なソリューションを提供してまいります。

参考情報

主な施策・取り組み

「シームレスECプラットフォーム(シェアリング・フルフィルメントサービス)」
  • スマート物流倉庫に導入しているロボティクス・技術には、自動倉庫(オートストア)、自動搬送機(棚搬送型、荷物搬送型)、自動梱包機、コンベア、ゲート・アソート・システム(ゲート仕分けシステム※誤ピッキング防止)、倉庫管理システム(在庫管理)、各種ロボティクスを連携する管理システム、等があり、仕分け後の出荷フローにおいても、佐川急便(国内)、SGHグローバル・ジャパン(海外)のプラットフォームと連携しているため、一気通貫での物流機能をもっており、2020年3月までに全面稼働の予定。
  • 海外の最先端のロボティクスを積極的に導入し、より高い品質と生産性を実現している。
「AI活用による不在配送問題の解消」
  • 電力データを用いて、荷受人の在不在をAIに判断させることで不在配達を回避、不在再配達が削減されると仮説をたて、プロトタイプシステムを用いた実証実験を推進している。
  • 国土交通省の調べによると、個人向け配送における「不在配送件数」は全宅配件数のおよそ2割で、走行距離の25%は再配達のために費やされており、これは年間9万人の労働力に相当する。約1.8億時間が1年間の不在配達に費やされているため、本実証実験はこれら労働力の抑制に大きな効果が見込めると考えている。

DX注目企業について

経済産業省では、本格的なデジタル時代の到来を控え、日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速していく観点から、過去5回実施してきた「攻めのIT経営銘柄」をDXに焦点を当てる形で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」に改め、銘柄選定企業の中から、銘柄の趣旨に照らして特色ある企業と選定委員が評価する企業を「DX注目企業」として選定。今年は21社が選ばれた。

このページの先頭へ

ニュースリリース